Wednesday, May 31, 2006

ヘッセン州名物アップルワイン


フランクフルト市があるのはヘッセン州で、首都はウィスバーデン。
州独自の議会や法令も存在していて、地方自治権が日本よりはずっと確立しています。地方独自色が豊かとも言えます。
ともあれ、このあたりの名物がアップルワイン。
りんごから作るワインですが、この味、世界の他のどこにもないんじゃないかと。アルコール度はワインくらいあるみたいで、見かけより弱くはないですね。一見甘いのかと思う人が多いらしいけど、全然甘くなくて、むしろ酸味の利いた辛口と思います。
このようなコップでいただくわけですが、これとドイツ料理がよく合うのです。全く気取りの無い、うちとけた雰囲気のアップルワイン・ロカール(料理屋)で、隣に座った人達と無駄口をたたきながら大盛りの料理とコップ酒を楽しむといった感じです。
来たばかりの頃は、豚くるぶし肉のゆでたのまるごととか、血のソーセージとか、山盛りの盛り付けとか、何を見てもゲテモノに見えたのに、いつの間にかすっかり慣れてしまった私。何を食べてもおいしくて、きっと健康なんだわ。
気取りのないこのあたりの人々も好きです。ラクして働こうという素直な欲望が、こんなアップルワインをグラスに注ぐ仕掛けにも見受けられます。 重い入れ物を持ち上げなくても傾ければいいという。

No comments: