Sunday, July 02, 2006

ツール・ド・フランスが始まったのに


本日はサッカーの試合はお休み。きのうイギリスとブラジルが負けてしまって、ドイツの可能性が非常に高まってきました…
火曜日、彼らは仕事にならんぞ。早々と家に帰って、試合時間帯は街中が閑散とすることでしょう。
ヨーロッパ一の高さを誇る、コメルツ銀行ビルもこのようにお化粧されています。

今日から世界一過酷と言われる、自転車のロードレース、ツール・ド・フランスがスタートします。これはうちでは毎年力入れて見てるスポーツ・イベント。ほぼ1ヶ月の間毎日毎日フォローしてると、終わった時には虚脱感に襲われるほど。美しいフランスの風景がこれでもかこれでもかと現れ、それに毎日のレース結果が興味深いし、山越えの時など悲壮感も漂います。
しかし、今年は何ということでしょう。優勝候補のほとんどが開始前日になって、出場を取り消されてしまいました。ドービングの疑惑ありということで。確かにドーピングは良くないけれども、前日って、何か企みでもあったのでは。申し開きも何もする間もなく取り消しって、プロの選手生命にとって終了宣告を意味しかねない。スターを含め、60人からの取り消しはファンにとってもあまりのこと。すごいがっかり。

No comments: