Thursday, July 20, 2006

おいしいマチアス(鰊)

こう暑いと食欲も減退しがちですが、そういう時はシンプルな食事が欲しくなりますね。
6月7月は新鮮なマチアスのシーズンです。海でとれたての新鮮な鰊をオイルと塩で樽に漬け込んだもので、こういう食し方はオランダが発祥の地のようです。
食べるときはオイルと塩は抜いて、生のまま(焼いたりしない)でいただきます。オランダ版「刺身」ですか。
付け合せは塩茹でおじゃが。それにサワークリームソースとか、スライスした玉ねぎやりんごとか、ピクルスが一般的です。レッドビーツのサラダなんかも合いますね。ヨーグルトでソースを手作りしてもいいです。
本場オランダでは、尻尾のところを手でつまんでぶらさげ、上を向いて頭からかじりつくのが正式な食べ方とのこと。(ほんとか。)
とろっとして塩味だけのお魚の味、夢のようにおいしいです。
お値段もお手ごろだし、買ってきてお皿に並べるだけでよくて、簡単。
この水曜と木曜は日中は35度にもなって、夜も真夜中過ぎても29度なんて、さすがにこれは暑いぞと思っておりました。
本日は家に帰ってきましたら、主人が夕食を用意してくれていて感激。テーブルセットも全部してくれて。これが作品です。おじゃががちょっと焦げているのはご愛嬌。

No comments: