Sunday, November 12, 2006

フランクフルター・グリューネソ-ス

日本に行く前に、地元のご馳走をたべておこうということで、またまたご贔屓のアップルワイン・レストランへ。お料理もさることながら、お酒が大事なわけで…
これだけは地元でないと飲めないので。
このあたりの名物というか、ま、独特のお料理がグリューネソース。たくさんのハーブをこまかく刻んで、サワークリームやヨーグルトで調味した、とろっとした緑色のソースです。ゆで卵と塩茹でおじゃがと付け合せるのが伝統的な食べ方のようです。
他にも、ゆでたお肉にあわせたり、めずらしいところではシュニッツェルにそえたりもします。こってり、さっぱりで、おいしい。ご馳走というよりも、どちらかといえばつつましい食事ですけど。もちろん、アップルワインとも良く合います。

ブログの型のベータ版にようやく日本語が取り入れられました。よかった、日本語になって。

2 comments:

れなぽんのママ said...

このレストランってザクセンハウゼンの例のレストランですか?? ご主人と出会った?
続きは日本から戻られた後に教えて下さいね。
           れなぽんのママより

Cindy said...

いやいや、これは地元の人が行くようなアップルワイン屋さんです。私たちが一緒に入ったあのレストランは旅行者がよく行く地域にあって、今そのアルト・ザクセンハウゼンはやや寂れ気味。私たちもほとんど足を運びません。そう言えば当時は我々も旅行者でしたね。