Sunday, December 24, 2006

Heilige Nacht 聖夜


ドイツでの窓飾りは、こんな感じ。
普通のオレンジ系の色した電球一色で、ずっと点いたまんま、点いたり消えたりはしない。
近頃はアメリカの影響で、いろんな色のがピカピカしたりするのも見るようになりましたが。
うちでもバルコニーの手すりのところにちょっと飾りをつけました。暗い冬が、クリスマスの飾りでにぎやかになり、気持ちが和みます。
今日は青空で日も射したいい天気でした。お散歩に出たあと、ゆっくりケーキを焼いたり、聖夜のお食事の準備をして、静かに過ごしました。

2 comments:

月見家 said...

日本じゃここ数年、一般家庭のクリスマスイルミネーションの過熱っぷりがハンパじゃないです。家全体がピカピカしちゃってます。隣近所で張り合う傾向もあったりするようで…。
私には懐かしの東映映画「トラック野郎」が思い出されます。

Cindy said...

ああ、トラック野郎ね。感じですね。
びっかぴっかするやつとか、サンタクロースだのとなかいだのがぶら下がってるのは、年配のドイツ人に言わせると、「安っぽい」そうです。
あの文化はアメリカ製ですね。