Tuesday, January 01, 2008

新年は花火で始まり

ドイツのシルベスター(大晦日)は何と言っても花火が印象的。
どっちかって言えば、パーティーで大騒ぎっていうイメージです。家族でしんみりと向かえるのはクリスマスのほうで、お年取りは友人や親しい人達を楽しく過ごすって感じです。今年の夜はうちのペントハウスの御宅のバルコニーから花火を見ました。やはり高いところからはよく見えますね。
午前零時の少し前にシャンパンを開けて、新年の幕開けと同時に乾杯。寒いけど、花火は15~20分ほどの間だけだし、テレビからは賑やかな音楽が流れてるし、景気づけられます。
ドイツではしろうとが打ち上げ花火をするのを許可されてるのはこの時だけらしいです。フランクフルトのシルベスターの花火、少し写真に収めてみました。

No comments: