Tuesday, February 05, 2008

今年のスキー


2008年もはや1ヶ月過ぎ、2月ですね。
真っ暗い時期をどうやら過ぎて、朝夜ほんのり明るくなってきました。
こちらはカーニバルたけなわです。11月からこっちずっとこのファッシングと呼ばれるカーニバルを楽しみに生きているドイツ人多し。衣装や仮装に凝ったり、ナーレンジッツングという催しにでかけたり。これはですね、漫談のようなものを鳴り物入りでかわるがわる舞台で披露するのを、みなでわっはっはと鑑賞します。これに独特の音楽や踊りが入ります。しろうとが意匠を凝らして、今年の出し物!って1年練習してくるわけです。
外国人の私としては、はて何がおもしろいのだろうか、という感じもなくはないですが。
この月曜、火曜はラインランド地方(ケルン、デュッセルドルフ、マインツなど)では他のことは何も手につかない様相です。休みの日ではないのだけれど、誰も仕事なんかしてないですね。
明けて「灰の水曜日」からはシーンとなり、復活祭まで禁欲生活。

それはともかく、今年もスキー休暇行って参りました。
去年と同じ場所、同じホテルです。様子がわかっているので、調べたりする手間いらず。今年は雪もたくさんありました。


2 comments:

pocoloco37 said...

life is interesting...right?...here I am, German, Canadian,American and learning spanish...small world indeed...

Cindy said...

Well information technology made the world smaller. But you wonder if we, human beings, got much better than before... Right?