Sunday, February 10, 2008

Fiss, Ladis, Serfaus


題のところに挙げてあるのは3つの村の名です。その上部に広大なスキー場が広がっています。位置的には、オーストリアとスイスとイタリアの3国国境に近いところです。お天気がとても良かったです。1日だけ朝から晩まで雪が降り続けましたが、あとはもうほとんど快晴と言っていいほど。
お天気のいい日にゲレンデに立っているというのは至福です。こんなに気持ちの晴れるものはないと思うくらい。健康でこのような気分を味わえるというのは、ありがたいことです。
ところでカーニバルの過ごし方ですが、ドイツ人に言わせると、家族や友人とみんなで一緒に繰り出して、お弁当や飲み物も持参してパレードを見て、それからまたみんなして次から次へのパーティー会場をはしごするのだそうです。家事や仕事や睡眠をとったりは、その合間にするのですって。ひとりでパラッと行っても楽しくないとのこと。そうかもしれないけどさ。

2 comments:

Anonymous said...

あいかわらずスキー休暇を楽しんでいるようで何よりです。 玲奈が子供の時にはアメリカから帰国後も冬はスキーに出かけていたのですが…。 もう何年行っていないことか…。 玲奈も4月から大学生ですよ~! 


          れなぽんのママより 

Cindy said...

大学生の娘はほっといて、ヨーロッパにスキーに来てください。
つい昨日のこと、ずーっと前に行ったフランスのスキー場の話を知り合いの方にしたばかりです。あれ以来、フランスのスキー場は夢です。アルベールビルなんかいつか行きたいです。でも遠くて、どうやって行ったものか。
ジュネーブまで飛ぶのがやはり一番なのでしょうね。ジュネーブ空港お待ち合わせのスキー休暇、なつかしいですね。