Sunday, December 28, 2008

Arcachon


アルカションって夏の街なんだろうな。舟遊びや海水浴の人々でにぎわうのでしょうね。
広々とひろがる整地された砂浜。そこに伸びる真っ白い埠頭。そこに遊覧船やフェリーが時々やって来ます。
海辺にそってずっとお散歩できるように、砂浜の上に、板が渡してあってとても親切。しかも片方が自転車用で、もう片方が歩行者用です。
印象では、ホテルよりも別荘か貸し別荘の方が多いみたい。都市に帰ったのか、閉まっている窓が多かった。
秋になったらなったで、牡蠣やムール貝などシーフードがおいしくなります。それにこのあたりの名物のフォアグラに、ビーフのタルタル、そして世界に冠たる地元のワイン。
レストランではお得な3コースのメニューを用意していて、これで充分おなかいっぱいになりますし、おいしくてお値段もお手軽です。私たちがここで食べた一番高い3コースは27ユーロだったと思う。前菜がフォアグラのテリーヌで、メインがサーモン・フィレ、デザートにタルト・タタン(りんごのケーキ)。ボリュームもたっぷりでお味もすばらしかったです。生肉のタルタルってあまりお目にかからなくなったと思ってましたが、ここではいたる所でメニューに載ってまして、久し振りに食べたら、これもおいしかった。

No comments: