Saturday, January 31, 2009

冬景色

1月15日の冬景色です。
うちの前の通りも凍ってます。
日照時間が少ない上にお天気も暗めでは、目覚めが悪く、ずっとベッドの中にいたいような。
でも、カラッとドライで冷たい空気は、張り詰めた感じで、ジトジトしてるよりはずっと緊張感があると思います。

Sunday, January 11, 2009

the coldest week of this winter

この1週間は寒かったです。
9日の朝、通勤時に車の寒暖計を見たら、-12度でした。
特にいつもサッカースタジアムのあたりが一番気温が低いのは、森に近くて木が多いからかな。
ここで冬の夕方観戦している方々、さぞ寒いだろうなと感心します。
ハンブルクの近くのエルベ河は凍って船の通行ができなくなっているようです。
ここのマイン河は氷塊が漂っているものの、凍り付いてはいない。
1914年のすっかり氷結したマイン河の写真がウェブにありました。

このところスパムコメントに悩まされて、それで対策として、コメント時に解読文字を必要にしてみました。コメントしてくださる方には一手間多くなって申し訳ありません。

Monday, January 05, 2009

Well, winter has come.

急に寒くなりました。
朝起きてみたら、窓の外が銀世界です。
夜の内にだいぶ積もったようで、朝になっても深々と降っています。
これでは、アウトバーンものろのろだろうし、事故による渋滞に巻き込まれでもしたらたいへんだと思い、通勤は郊外電車にしました。
ダウンを着込んで帽子もかぶり、駅から10分ほど徒歩でオフィスに着いてみたら、暖房がダウンしているとのこと。選りによってこんな零下になる時に! 天気予報によると、4-5日冷え込みは続くらしい。連日零下の気温になるということです。冬らしくなってきました。

写真はハッブル望遠鏡のサイトにあった宇宙の写真です。無数の銀河が色とりどりに輝いて、信じられないくらいに美しいですね。年頭にふさわしく、雄大なことに想いを馳せてみたいということで、宇宙。

Saturday, January 03, 2009

ドイツ暮らし20年

この休みの間に本当に何年振りかでまとめて日本のテレビの現代劇を視ました。そのこと自体は驚きものです。インターネットの発達がなかったら今でも見られてなかった。時間もあまり無いし、ドイツの番組でも最近は全く見なくなっています。テレビではニュースしか見てないかもしれない。
大河ドラマとか、時代劇を視てる分にはなんともなかったのですが、現代劇で感じてしまうこの違和感はなんでしょう。
そういえばこの年末でドイツに来てからちょうど20年となりました。お祝いでもしようかという節年ですかね。さすがの私もドイツ化したか!?
それはしただろうな。まわりにほとんど「日本」がなく、20年もどっぷりドイツ社会で生きてたら当然か。どこの社会も一長一短があり、どちらが優れているとかいうものでもないけれど、ドイツのことケチつけながらも、そこに馴染んで感化され、だんだんそういう環境を心地よく思うようになってきているのでしょう。もう、お洋服のセンスとか、冗談のセンスとか、すっかり失ってしまってしまいました。

それはさておき、現代の日本でも、あの古臭い労働習慣に振り回されている市民の姿は本当なのでしょうか。ビジネスマンのあの視野の狭さは、ドラマのために強調されているだろうとはいえ、現実に近いのでしょうか。まるで全体が見えてなくて、目先の状況(たとえばこの人を泣かせたくないので不正を見逃すとか)で物事の判断をする、もしくはそのせいで苦しむ。それからすごく変に思ったのは、会社の重役とか年配の男性が他の者に対して口をきく時、脅しの口調になること。意見対立があったら成功者たるもの、理性に訴えるべきだと思うのですが、妙に情に訴える手に出てくる。女性の立場も私が日本に居た頃よりあまり進化していないような気がするのですが、いかがなものでしょうか。

Friday, January 02, 2009

1月2日はふつうの日

2日から普通の日ですし、仕事もあったので出勤しました。でも早めに帰宅して、インターネットで日本のテレビ番組を見たりしました。おかげさまで昔よりも暮らしはほんとに便利になりました。
篤姫も50話全部見ました。これにははまりましたね。140年も前の日本人の姿に想いを馳せました。明治維新とは大した革命です。関連した伝記なども読んじゃいました。本もネットで購入すると、数日で届きますので。
ところでお年取りのご馳走ですが、クリスマスに七面鳥が届かなくて心残りだったところ、街に出るとまだフレッシュなのが並んでいます。
心残りの無いようにとこれを入手して、大晦日にローストしました。
食卓でお父さんが切り分けてサーブします。

Thursday, January 01, 2009

お正月ですね

早くも年が明けました。
昨年の経済混乱はたいへんなものでしたね。
と言っても混乱は終わったわけではなくまだ続き、回復を見るまでは何年もかかることでしょう。
世の中すべての転換期が来ているように思います。今までそうやってきたからとか、みながやってるから、とかいう価値判断ではなく、自分で何が正しいのか見極めるべきなのだと思います。
判断を下す自分はまた、広く大きな心をもっていないと。そういう熱く大きな心とクールな社会性を育てるのを年頭の目標としたいと思います。
こちらドイツでは零下の寒い日々が続いて、冬らしくなってきました。午前零時をまわった瞬間より打ち上げられる花火を見つつ、発泡酒で新年の始まりを祝いました。高層ビル(お昼の写真も)のてっぺんがライトアップされてて、その周辺にあちらからもこちらからも花火があがりました。